臨床試験で判った水素ガス吸入の効果

著者  医学博士 久保伸夫

水素ガス吸入のススメ

水素ガスを吸うと疲労物質である乳酸がたまりにくくなる

​乳酸の生成を水素が抑える

運動により

多くの酸素を吸い込み、沢山のエネルギーを作り出そうとする,

その過程ではエネルギーと共に大量の活性酸素も生み出してしまいます。

この活性酸素が身体を傷つけるだけでなく、筋肉の疲労や炎症・老化の原因

ともなってしまうのです。

その為選手はもちろん、コーチやトレーナーが、水素ガス吸入を活用し始めました。

当初は水素水を使い、練習中の水分補給に使っていたのですが、

これでは大量の水素を摂ることが出来ません。

​そこで注目を集めたのが、水素ガスを生成する市販の水素ガス生成器です。

水素ガス吸入すると、激しい試合でも疲れが残らない

​水素ガスを吸入するようになってから筋肉が痛くなくなった

​ドーピングの危険がない

こうしたスポーツマンたちの現場の声を受けて、

私は彼らに対する水素の働きを調べてみることにしました。

協力してくれたのは、ある大学の野球部員11名です。

彼らに(15分で4キロ)というランニングをしてもらい、

その前後の乳酸値を測定しました。

そして45分間の休憩ののち、

再び同じメニューをこなして貰ったのですが、

その前後の30分間、水素ガス吸入を行い、

乳酸値がどのように変化するのかを見たのです。

水素ガス生成器は業務用のではなく、W社から発売されている

家庭用のものを使用しました。

その結果予想以上の結果が出たのです。

運営 有限会社愛

フリーダイヤル無料 0120-124-396

​FAX

04-7175-3754

電話  04-7175-3754

​千葉県柏市南増尾1-9-6

氏家まで